離婚をする際に考える

離婚をする際に考えるべきこと記事一覧

仲がよかった夫婦も離婚するイメージ画像。

仲が良かった夫婦でも……縁あって夫婦になったとしても、共に生活する中で様々なトラブルは起こり、結果的に別々の道を進むことになるのは決して珍しいことではありません。どれだけお互い好きあっていても、その気持ちが永遠に続くという保証もありません。気持ちの離れ、生活上のトラブルなどで離婚を視野に入れ今後の事を話し合うことになる、これは多くの夫婦が経験したことがあることなのではないでしょうか。今すぐ離婚とい...

離婚をする理由を考えるイメージ画像。

離婚をする理由離婚をする夫婦にはそこにいたったそれなりの理由がありますよね。性格の不一致でも金銭関係でも浮気でも、夫婦によって様々な理由があるでしょう。こういった離婚に至る様々な事由の中で、ふさわしくないものはあるのでしょうか?一般に、夫婦がお互いに離婚することを認めていて、争うこともなくスムーズに離婚をすることが出来るのでしたら特に離婚に至る事由は必要ありません。離婚届には離婚に至った理由を書く...

離婚する時子供がいるイメージ画像。

子どもがいると離婚は大変夫婦二人だけの生活ならば、離婚するに至ってもそれなりにスムーズに話し合いが進むことは少なくないようですね。特にお互いが自分の仕事を持っていて経済的基盤が整っている夫婦ならそのようです。では子供がいる場合はどうなのでしょうか?この場合は子供がいないご家庭の離婚よりも決めることも考えるべきこともとても多くなります。親権者が子供と住むと考えてください子供に関することで、第一に考え...

財産分与のイメージ画像。

離婚にまつわるお金のこと離婚をする前の夫婦は、ほとんどが生活に必要なお金を共同のお財布で管理しているのではないでしょうか?二人ともそれぞれきちんとした仕事をしていても、生活にかかるお金、食費や光熱費、住居費やレジャー費、貯金などはお互い出し合い家庭を運営するためのお金として管理していることでしょう。どちらか一方だけ働き、もう片方は家庭を守っている場合はもっと分かりやすいですね。稼いでいる片方のお金...

慰謝料のイメージ画像。

離婚=慰謝料がもらえる?離婚をすれば必ず慰謝料をもらえるというわけではありません。では慰謝料とはどういうときにもらえるのでしょうか?簡単に言うと慰謝料とは損害賠償金です。損害賠償金を支払う側の有責性がきちんと立証できていないと、慰謝料の支払いを受けることは難しくなります。また有責性の立証は法によって行われますから、法的に有責だと判断することが難しい事由の場合は、慰謝料請求が認められないこともありま...

離婚届のイメージ画像。

離婚をするのに必須のアイテム離婚をすることになったら、離婚届を出さなければなりません。離婚届は市町村の役場においてありますので、離婚が確定したら夫婦どちらかが時間を空けて取りにいくといいでしょう。ちなみに離婚届は一般的な公的用紙と同じように、無料でもらえます。本当に離婚をする気はなくても、お互い初心をわすれずいつまでも思いあって暮らすためや喧嘩の戒めなどで気軽にもらいに行く方も多いようですよ。もら...