慰謝料について

離婚=慰謝料がもらえる?

慰謝料のイメージ画像。

 

離婚をすれば必ず慰謝料をもらえるというわけではありません。

 

では慰謝料とはどういうときにもらえるのでしょうか?

 

簡単に言うと慰謝料とは損害賠償金です。

 

 

損害賠償金を支払う側の有責性がきちんと立証できていないと、慰謝料の支払いを受けることは難しくなります。

 

 

また有責性の立証は法によって行われますから、法的に有責だと判断することが難しい事由の場合は、慰謝料請求が認められないこともあります。

 

 

その結果として、求めている額よりも大変少ない額の支払いが決定することもあります。

 

 

 

離婚をしなくて済むように努力をしたか?

例えば配偶者の長く続く不貞行為などで離婚を決定した場合、有責性を立証するために必要となるのはまず不貞行為の証拠になります。

 

 

 

そして関係改善のために努力をしたのかどうかという点の証明です。

 

いくら不貞行為が行われていたのが確かとなっても、関係改善のために努力をしていないと判断されてしまったら不貞行為に進んだのは無責配偶者にも問題があったと思われてしまうこともあります。

 

 

 

 

その場合でも慰謝料の支払いを受けることは出来るかもしれませんが、額としては少なくなる可能性もあり、納得がいくものにならないこともあります。

 

 

 

慰謝料の請求が難しいことも

慰謝料請求は、性格の不一致や嫁姑間の不仲、宗教上の問題などではどちらかの有責性を立証することが難しく、認められないこともあります。

 

 

慰謝料請求を認めさせるためには、相手の有責性を立証することが一番大事なポイントですから、その点を理解した上できちんと準備を進めておく必要があるでしょう。