離婚の事由は

離婚をする理由

離婚をする理由を考えるイメージ画像。

 

離婚をする夫婦にはそこにいたったそれなりの理由がありますよね。

 

性格の不一致でも金銭関係でも浮気でも、夫婦によって様々な理由があるでしょう。

 

 

こういった離婚に至る様々な事由の中で、ふさわしくないものはあるのでしょうか?

 

 

一般に、夫婦がお互いに離婚することを認めていて、争うこともなくスムーズに離婚をすることが出来るのでしたら特に離婚に至る事由は必要ありません。

 

 

離婚届には離婚に至った理由を書く欄などありませんから。そうなった理由はお互い家族や親しい友人などに説明する際にだけ必要なものです。

 

 

離婚の事由が必要な場合

離婚の事由はどういったときに必要になるのか。

 

 

それは夫婦のどちらか一方が離婚を拒否しており、二人の話し合いでは離婚が出来ず調停や訴訟を起こして離婚を法的に認めてもらう必要が出た際に必要となるのです。

 

 

法的に離婚を認めてもらうには、それなりの理由が必要となります。

 

性格の不一致など、はっきりと離婚が正しい決断であると認めてもらうのに少し問題があるような理由では離婚請求が棄却されることもあります。

 

 

その離婚に根拠はあるのか?

性格の不一致であっても、相手側から深刻な肉体的、経済的なDVを受けていてそれを立証することが出来たら離婚は認められる可能性が高くなります。

 

 

 

つまり、お互い納得の上離婚を進めることが出来るのであれば特にそこに至った理由は必要ありません。

 

必要なのは離婚をするために法的な根拠です。

 

 

それさえあれば離婚をすることは難しいことではありません。