共有財産をリストアップする

離婚に関するお金のこと

離婚の話し合いでは当事者どうししっかりと話し合いをして決めなければならない事が沢山ありますよね。

 

 

その中でもお金に関する話し合いは中々難しく、また時間もかかりがちですので離婚を視野に入れ始めた時から話し合いがスムーズに進められるよう準備をしておかなくてはなりません。

 

という事で今回は、共有財産についてのお話です!

 

 

共有財産のリストアップを

共有財産とは婚姻関係にある間に二人で築いた財産の事を言います。購入したマンションや戸建て、車、家財道具、貯めたお金など。

 

 

婚姻期間中に得た財産は基本的に夫婦二人が同じだけ権利を持つものとして認められますから、離婚をする時には基本的に同じように分配しなければなりません。

 

 

同じように公平に分配できるよう、二人の間にはどれくらいの財産があるのかリストアップして分かりやすくすることはとても大事です。

 

 

すべてが平等に半分になるわけではない

結婚前からある個人名義の貯金や、婚姻期間中でも個人を指定して受けとった財産分与や遺産などは共有財産には入りません。

 

こういった項目は個人財産になりますので、分配する必要はありません。

 

 

 

また注意すべき項目として、働いている方の退職金や年金も共有財産として分配の必要があると判断されることもあります。

 

 

基本的に退職金や年金の支給を受けていることを条件としているようですが、定年退職を迎え退職金の支給を受けている方はその点を理解しておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

そしてもう一つ注意すべき点として、財産分与は資産のみを対象とするものではない、という所があります。

 

簡単に言うと、債務がある場合はそちらも平等に分配することになるのです。

 

 

どのくらいの割合で分配されるかは、夫婦のあり方、働き方や家事労働の利率などで決定されます。