自分で進めるか依頼をするか

離婚相談後のサポートは?

弁護士でも公共の相談窓口でも、離婚相談を利用したからといって必ずその後のサポートを依頼しなければならないという事はありません。

 

 

相談をした結果、自分だけで相手と話し合いをして離婚までこぎつけようと思うのであればそのまま自分の力だけで離婚に進むといいでしょう。

 

 

基本的に離婚相談とその後のサポートの依頼とは別物です。

 

 

もちろんはじめから相談をした後はそのままサポートを依頼しようと思っている場合は違いますが、相談をしたからといってそのまま依頼しなければ問題が発生する、なんてことはありません。

 

 

離婚が自分の手に負えないときには?

基本的にサポートを依頼するのは、離婚が自分の手に負えない場合です。

 

 

自分の手に負えない場合とは相手方と深刻なトラブルが発生している場合などが代表的ですが、トラブルが発生していて法の下離婚を成立させようと思っている場合でも、弁護士など代理人がいなければ裁判の手続きを進めることが出来ない、という訳ではありません。

 

 

 

訴訟には本人訴訟というものがあり、簡単に言うと弁護士にサポートを依頼せずに自分で訴訟を行うものを言います。

 

 

弁護士がおらずとも裁判に臨んで、上手く行けば自分の望んだ条件で離婚を勝ち取ることが出来るのです。

 

 

離婚への道は楽ではない

ただ裁判の準備から訴訟手続き、法廷での説明や請求まで全て自分ですることになります。

 

離婚への道のりは、生半可な道のりではありません。

 

 

相手方の有責や証拠はもちろん、どんな風に状況説明をするか、勝訴を掴む為にどんな駒を用意しておくかなど、そして法律に関する勉強も必要です。

 

 

そういった事前準備にかかる手間が惜しくなく、法律の勉強も苦ではなければ、弁護士に支払う報酬が必要なくなりますので本人訴訟を選ぶのも一つの手ではありますね。