離婚相談の予約をする

離婚相談をする先が決まったら?

離婚相談をする場所、事務所を決めたら、相談をしたい旨を先方に伝えなければなりません。

 

家庭裁判所の家事相談のように予約なしで行って相談が可能なところもあることはありますが、ほとんどは事前に電話で予約を取っておいたほうがその後の相談がスムーズになります。

 

 

 

それに事前の連絡が必須なところもありますので、そういった場所ですと事前予約をしていないと相談をすることが出来ない、後日相談になってしまうこともありますので注意が必要ですね。

 

 

 

公的機関への予約は早めに!

予約方法は基本的に電話です。

 

公共の相談窓口でも、まずはその管轄先に電話連絡をして、相談をしたい旨を伝え何日の何時ごろか、というのを聞いておきましょう。

 

 

特に役所が実施している無料相談は、日時が決まっている上にそんなに多く受け付けていないこともありますので、無料相談の情報が開示されたら出来るだけ早いうちに予約をしてしまったほうがいいです。

 

 

 

後になればなるほど予約枠が埋まってしまう可能性が高く、そうなってしまえば一ヵ月後などに相談日時が延びてしまうこともあります。

 

 

時間を無駄にしないで!

一般の弁護士事務所や行政書士の事務所などは比較的スムーズに相談の予約が出来るようです。

 

 

ただ人気があり忙しい事務所の場合はやはり電話予約をしてから実際の相談日までそれなりに時間が空いてしまうということもなくはないので、離婚相談をしたいと思ったら早めの行動が大事です。

 

 

 

ただでさえ離婚の手続きや話し合いは長くなりがちですので、時間を無駄にしないよう、スピーディな対応を心がけるといいでしょう。