離婚相談当日の流れ

離婚相談の流れとは?

離婚相談の当日どういう流れで相談を行う事になるのでしょうか。

 

弁護士事務所に行くにしてもそうではないにしても、離婚相談に慣れていて気軽な気持ちで事務所や相談窓口まで行ける人というのはそういないでしょう。

 

 

緊張しながら相談場所まで行く方が多いのではないかと思いますので、今回は簡単な当日の流れについて説明をしていきますね。

 

 

予約をしたら時間厳守!

相談当日、まずは予約した時間までに相談場所に行きます。弁護士や行政書士の事務所ならそこまで、役所の無料相談ならば相談場所として指定されたところまで相談を聞いてもらう専門家が話を聞くのはあなただけではありません。

 

 

絶対に予約した時間は厳守して下さいね。

 

 

相手の相談スケジュールが詰まっている場合、時間に遅れてしまった、なんてことになると相手にとっても、相談を待っているほかの人にとっても迷惑ですし遅れた分だけ相談できる時間が少なくなります。

 

 

相談する場所についたら?

事務所や相談場所についたら、受け付けで何時に予約をしている○○です、と伝えましょう。

 

そうすれば順番待ちの場所に案内してくれるか、そのまま相談を行う部屋まで案内してくれます。

 

 

待ち時間を経て実際に相談が始まると、まずは相手から現在の状況と最終的な希望を聞かれます。

 

 

 

このときは出来るだけ感情的にならず、冷静にどういった状況でどういう決着を望んでいるかを分かりやすく端的に話すといいでしょう。

 

 

そうしたら相談相手のプロが現在の状況を整理して、どういった決着を望めるか説明してくれます。

 

また必要な資料を求められたりもあるかもしれません。

 

 

その場合は出来る、出来ないははっきりと、決着についても自分が納得できるかが大事ですからじっくり考えて結論を出すといいでしょう。