弁護士へ離婚相談

弁護士に相談だ!

離婚相談というと弁護士、というイメージをもたれている方は多いようです。

 

弁護士に離婚相談をする場合とは一体どういう状況なのでしょうか?

 

 

離婚するにあたって大きなトラブルなど何もなく、スムーズに話し合いが進みお互いの合意のもと離婚を成立させることが出来るのなら、弁護士への相談は必要ありません。

 

 

 

お互い合意をしていても口先だけでは後々トラブルになる可能性がないとは言えませんので、念のため離婚協議書は作成しておいたほうが良いでしょう。

 

そして、そのために専門家への相談が必要になることはあります。

 

 

 

弁護士に離婚競技を頼むということ

離婚協議書の作成のために弁護士に相談する、という方法も可能です。

 

弁護士に相談をする、という場合は弁護士にしか解決できないトラブルが発生している場合である、という事なのです。

 

 

例えば離婚の条件が合意できず争いが起こっている場合ですね。

 

状況によっては調停を起こす必要が出る場合がありますので、これは弁護士にしか解決できません。

 

 

 

離婚を拒否されているなら弁護士は必要

離婚そのものを配偶者から拒否されている場合も同じように相談先は弁護士です。

 

 

話し合いで解決できず離婚を法の下受け入れさせるためには裁判や調停が必要になりますので、これもまた弁護士にしか出来ません。

 

 

 

つまり、わかりやすく言いますと離婚に関するトラブルが発生し、当事者同士や代理人を通じて話し合いで解決できなさそうな場合は弁護士への相談がベストである、という事です。