離婚相談について詳しく解説します

思っているほど難しいことではありません

弁護士や行政書士などの専門家への相談にためらう方も居ますよね。

 

  • 相談したらそのまま仕事を依頼しなければならないんじゃないか?
  • 相談する際に高い費用がかかるんじゃないか?
  • こんな内容の相談をして呆れられたりしないか?

 

など一般人にとって弁護士や行政書士などの専門家への相談は敷居が高いもので、色々と不安に思うことはあるでしょう。

 

 

 

しかし離婚というちょっと間違った方向に進んでしまうとあっという間に泥沼になってしまう問題をひとりだけで抱えるのには無理があります。

 

離婚を決意したけれどこの決断は正しいのか、など離婚そのものにまだ悩んでいる方も中にはいらっしゃるでしょう。

 

 

 

そういった、弁護士や行政書士への相談にはためらいを憶えるけれど、でも誰かに相談をしたい、話を聞いてもらいたい、という方にお勧めな相談先が、公的な離婚相談なのです。

 

 

 

法律相談を公的機関で

公的な離婚相談の中で一番利用しやすいのはやはり役所が実施している法律相談でしょう。

 

これらの公的な離婚相談の場合は、日時が決まっている場合がほとんどです。

 

 

 

基本的に広報などに実施日時が記載されていますからそれをチェックしていたら見つけることはたやすいです。

 

 

ただそんなにこまめに行われているものでもないので、実施していた法律相談を逃してしまったら、次の開催は翌月、なんてことになる場合はあります。

 

相談者が女性の場合は相談できる範囲が広い

相談者が女性の場合は役所が設置している女性センターや婦人相談所を利用することも出来ます。

 

 

 

これらはトラブルを抱えている女性の相談を受け付けている機関で、前者は各都道府県において最低でも1箇所は設置する義務がありますので、女性の方は該当する施設を探してみるといいでしょう。