司法書士へ離婚相談

弁護士以外の選択肢

離婚相談の相談先は弁護士だけではありません。

 

 

公的な相談先もあります。
中にはNPO法人などで相談を受け付けている所も。

 

さてその中で弁護士と並んで相談先として挙げられることが多い、司法書士や行政書士。

 

こういった方たちへの相談はどうなのでしょうか。

 

 

 

司法書士と行政書士の違い

その前に司法書士と行政書士の違いについて軽く説明しておきますね。

 

 

行政書士の主なお仕事は官公庁への提出する書類を依頼者の依頼のもと作成する、というものです。

 

 

そして、司法書士の主なお仕事は不動産関連、登記などに関する書類を依頼者の依頼の元作成する、というものです。

 

 

この二つの大きな違いは行政書士は依頼者に代わり訴訟手続きを起こすことは出来ませんが、司法書士は代理人として訴訟手続きを行うことが出来るということ。

 

 

しかし、司法書士ができる範囲は簡易裁判で90万円以下の訴訟に限るなど制限があります。

 

 

 

自分の状況に合わせて使いこなそう

細かい点で違いがある両者ですが、離婚相談を受け付けることが出来るかという点では同じように相談を受けることが出来ます。

 

 

 

ただ、司法書士も行政書士も、離婚相談の結果両者の意見が折り合わず調停、なんてことになった場合それ以降は関与できません。

 

 

行政書士や司法書士に相談をする場合は争うことなくスムーズに離婚が進められる場合にしておいたほうがいいでしょう。

 

 

司法書士に相談をする場合は、裁判所を使わずに離婚協議書を作成することは難しいという点がありますので、注意が必要です!

 

 

 

行政書士でしたら裁判所を使わずとも協議書の作成を行ってくれます(大前提として争いがない状態である、というものがあります)ので、話が纏まってあとは協議書の作成だけ、という状況でしたら行政書士を相談相手として選んだほうがいいかもしれませんね。