離婚の種類と進め方

離婚の種類と進め方記事一覧

協議離婚とはいったい何か?協議離婚とは離婚の際に、訴訟や調停など特別な手続きを必要とすることなく話し合いで成立する離婚の事を言います。つまり、本人たちだけで成立させることが出来る離婚のことですね。現在残念ながら離婚を選んでしまう夫婦は年々増え続けているようですが、離婚する夫婦たちの中で特に多い離婚がこの協議離婚です。その割合はなんと9割にも上るそうで、ほとんどの夫婦はお互いの話し合いで円満に離婚す...

離婚調停って?夫婦二人の話し合いで離婚を成立させられるのならそれが一番いいのですが、そうではない場合もあります。例えば一方が離婚を求めているけれどもう一方は離婚を希望していない場合。これが一番多いケースなのではないかと思いますが、こういった場合はすぐにじゃあ裁判、という風になるわけではなく、離婚を成立させるためにまずは調停の申し立てをすることになります。そうして成立させる離婚の方法、これを離婚調停...

最後の手段としての離婚協議離婚で合意に至らず、調停の申し立てをしたけれどその場でも離婚を合意することが出来なかったら場合。それでもどうしても離婚をしたい、と思うのなら離婚裁判に進むことになります。裁判を行い、その結果離婚が認められたらどんなに離婚を嫌がっている相手でも、強制的に離婚をさせることが出来ます。そのためには離婚裁判に勝訴する必要があるのですが、相手が認めていないけれどどうしても離婚がした...

話し合いで決まらなかったら?夫婦二人での話し合いでは離婚を成立させられなかった場合、次に進むべきは調停です。いきなり裁判に進むことは出来ません。これは調停前置主義といって、裁判に進むには必ず調停を経ておかなければならないという決まりですので、守る必要があります。調停離婚の申し立て協議離婚が成立できなかったなら調停離婚へと進むのですが、調停の申し立ては全国各地に設置されている家庭裁判所で行うことにな...

まずは弁護士に依頼離婚裁判を起こすとなると、まずは弁護士に依頼を、と思う方が多数なのではないでしょうか?裁判を起こすためには訴状を作成したり手続きをしたり証拠を固めたりどんな風に状況を説明するか、要求が正当なものであると証明するかを考えたりと、非常に大変で面倒な道のりを進まなければなりません。また、ただ自分の意見を法廷で言えばいいのではなく、法廷で下される判決は法に基づいたものですから法律の知識も...

離婚調停に、裁判に本人の出席は必要か?お互いでの話し合いで離婚が成立できなかったら、調停、裁判へと進んでいくことになりますがこの際には本人の出席は必要なのでしょうか。調停では裁判官や委員と話をして相手方と合意出来る点を探っていきますから、本人の出席が必要になります。ただ夫婦二人とも同じ場所に集まって話し合いを行うというわけではないので安心して下さい。別々に呼ばれて話をし、裁判官や委員の仲介のもと諍...