離婚裁判とは

最後の手段としての離婚

協議離婚で合意に至らず、調停の申し立てをしたけれどその場でも離婚を合意することが出来なかったら場合。

 

 

それでもどうしても離婚をしたい、と思うのなら離婚裁判に進むことになります。裁判を行い、その結果離婚が認められたらどんなに離婚を嫌がっている相手でも、強制的に離婚をさせることが出来ます。

 

 

そのためには離婚裁判に勝訴する必要があるのですが、相手が認めていないけれどどうしても離婚がしたいというのであれば裁判に進むといいでしょう。

 

 

裁判に進む条件とは?

ただ裁判に進むにはそれなりに条件があります。

 

法律上で認められている正当な離婚事由があるか、という点。裁判上で夫婦に離婚を認める理由としては5つあります。

 

 

 

不貞行為があった場合、悪意の遺棄があった場合、どちらか片方の生死が3年以上不明な場合、配偶者が症状の重い精神病を発症し回復が見込めない場合、それ以外で婚姻関係を継続するのが難しい重大な理由がある場合です。

 

 

このどれかに当てはまらないと裁判によって離婚は認められません。

 

 

 

また、このどれかに当てはまっていても、状況や証拠によっては離婚が認められない、または希望した条件での離婚が認められないこともあります。

 

裁判を起こす前の準備

つまり裁判を行いその結果として離婚が認められたら確実に離婚をすることは出来ますが、法律上の離婚事由に当てはまっていても必ず離婚が成立できるわけではない、という事です。

 

 

そのため裁判を起こす前には自分の主張が正しいという事を認められるように様々な証拠物品や状況整理が必要で、こういった事前準備を抜かりなく行うことが離婚裁判を成立させるために重要なことなのです。