離婚調停とは

離婚調停って?

夫婦二人の話し合いで離婚を成立させられるのならそれが一番いいのですが、そうではない場合もあります。

 

 

例えば一方が離婚を求めているけれどもう一方は離婚を希望していない場合。

 

 

 

これが一番多いケースなのではないかと思いますが、こういった場合はすぐにじゃあ裁判、という風になるわけではなく、離婚を成立させるためにまずは調停の申し立てをすることになります。

 

そうして成立させる離婚の方法、これを離婚調停と言います。

 

 

難しく見えるけれど

調停とは簡単に言うと、法的な知識を持った第三者の立会いのもと当事者同士の合意を図るための話し合いの場みたいなもので、裁判のように決定に強制力はありません。

 

 

 

調停を取り仕切る調停委員や家事裁判官が離婚が適切だとの判断を下したとしても、当事者同士の合意がなければ離婚を決定することは難しいです。

 

その場合はそのまま裁判に進むこともあります。

 

 

離婚調停は様々な事柄を扱う

離婚調停では、様々な事項を取り扱います。

 

離婚自体はお互い合意していても条件で揉めている場合は調停を行い解決を図ることが出来ますので、離婚に関する問題、悩みがあるのならそれを解決するために有効に制度を利用するといいでしょう。

 

 

 

また調停では当事者二人と裁判官、委員が全て一同に会して話し合う、と思われることも多いですが、そうではなく申立人は別個で調停室に呼ばれ解決の糸口を探るようになりますので、お互いが直接話し合うわけではありません。

 

 

DVなど大きな問題があっての離婚の場合でも、調停を行うことは可能ですし調停によって離婚への道を進むことが出来ます。