調停、裁判の流れ

話し合いで決まらなかったら?

夫婦二人での話し合いでは離婚を成立させられなかった場合、次に進むべきは調停です。

 

 

いきなり裁判に進むことは出来ません。これは調停前置主義といって、裁判に進むには必ず調停を経ておかなければならないという決まりですので、守る必要があります。

 

 

調停離婚の申し立て

協議離婚が成立できなかったなら調停離婚へと進むのですが、調停の申し立ては全国各地に設置されている家庭裁判所で行うことになります。

 

 

 

家庭裁判所内には調停の申し立てをしたいと考えている方、詳しい手続きや書類の書き方などを知りたいと考えている方のために家事手続き案内という手続きや制度について説明、相談にのってくれる場所がありますのでまずはこちらの利用をおすすめします。

 

 

 

調停は離婚を確実に決めている場合だけではなく、離婚そのものを迷っている場合でも行うことが出来ますので、当事者間の話し合いで先に進むことが出来ないのであれば調停を選んでみてもいいでしょう。

 

 

調停を経ても結果が見えてこない場合は?

調停を経ても結果が見えてこない場合。

 

例えば調停を行い離婚が適切である、と判断を下されても、夫婦お互いの合意がなければ離婚をすることは出来ません。

 

 

離婚をしたくて調停したけれどどうしても相手が認めてくれない、条件が合わないといった場合になれば次に進むべきは裁判です。

 

 

離婚問題で裁判を起こす場合は、管轄は地方裁判所です。

 

地方裁判所への申し立てを行うには訴状の作成、各種手続きが必要ですし、その後も証拠や書面の提出などが随時必要になりますので、自身では無理な場合は早いうちに代理人を立てておく必要があります。